Sei

Seiこと、
田中 清一郎
といいます。
訪れてくださったご縁に感謝します。 本業は、関わる人みんなが健康で美しく幸せになる仕事で、家族のため、社員のため、自分のため、世のため人のためになる仕事です。 具体的には、本物商品ショップ、色被(いろき)せアートガラス素材卸売、小売ショップ経営、本物を伝える講師の講演・イベント開催、海底村(かいていむら)主宰、シンガーソングライター、ボクサー(←これは世のため人のためとは違うか、現役じゃないし(~_~;)をやってます。

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、GMOグローバルサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 セキュアシールより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

Ranking

カウンセリング・ソフィアリーディング・ヒプノセラピー

型番 CNSL-02-A
販売価格 10,909円(税抜)

 一般/登録ユーザゴールド会員(有料)
カウンセリング(藤井彰子、60分)
カウンセリング(藤井彰子、90分)
ヒプノセラピーセッション(藤井彰子、初回120分)
ヒプノセラピーセッション(藤井彰子、2回目以降90分)
カウンセリング(Sei、60分)
購入数


体験談とQ&Aへ

フロンティア・カウンセリング、ヒプノセラピー

ヒプノセラピーとは

フロンティアショップのカウンセリング、ヒプノセラピー

本物商品ショップであるフロンティアショップでは、5つの本物条件を満たす本物商品を扱っていますが、その本物条件は、商品だけでなく人にも当てはまると考えています。

ショップの私たちも本物でありたいと常に考え、行動を心がけてきました。
その歩みの中で気づいたことが、心に振り回されると歩みがおぼつかなくなり逸れてしまいそうになるということです。
そして、その心は潜在意識の強い影響を受けていて、自分の普段の意識だけでそれを修正しようと思ってもとても難しいということです。

頭では変わるべきと分かっているけれど、変われない

のがまさにそれです。
これを解決するための強力なサポートをしてくれるのがフロンティアショップの本物商品たちですが、それでもまだもう少しサポートが欲しいというかたに用意したメニューが、このフロンティア・カウンセリング、ヒプノセラピーです。

メインのカウンセラー、セラピストとして、藤井彰子先生に月に数回フロンティアショップに来てもらっていて、好評いただいています。
現在の時世柄、原則としてZoom(オンライン会議アプリ『ズーム』)を使ったオンラインカウンセリングとなっています。

【フロンティア・カウンセリング/ヒプノセラピー】メニュー(10%税込価格、2020年4月現在)

種別(カウンセラー・セラピスト) 時間 場所 一般 登録ユーザ ゴールド会員
カウンセリング(藤井彰子) 60分 オンラインまたは瀬谷営業所、もしくは近隣カフェ等 12,000円 11,800円 10,000円
カウンセリング(藤井彰子) 90分 オンラインまたは瀬谷営業所、もしくは近隣カフェ等 16,000円 15,800円 14,000円
ヒプノセラピーセッション(藤井彰子) 初回120分 瀬谷営業所のみ 22,000円 21,600円 20,000円
ヒプノセラピー(藤井彰子) 2回目以降、90分 オンラインまたは瀬谷営業所、もしくは近隣カフェ等 19,000円 18,700円 17,000円
カウンセリング(Sei) 60分 オンラインまたは瀬谷営業所 不可 不可 30,000円


無意識の深い領域にアクセスできる究極のセラピー、ヒプノセラピーとは? 

ヒプノセラピーとは、人類の歴史と共に歩んできた最古のセラピーです。
潜在意識とダイレクトにコミニケーションを取ることで、心に肯定的な変化を促すことができるセラピーテクニックのことを言います。

このセラピー手法は、インド系アメリカ人医師、ディーパック・チョップラ博士によって、神経伝達物質と心と身体の関係性が明らかにされ、科学的にも証明されるものとなり、その可能性に大きな注目が集まっています。

現代のヒプノセラピーの手法を大きく分けると、「暗示」「イメージ」「退行系」の3つに区分することができますが、ここでは「イメージ」「退行系」のセラピーです。

イメージを利用したセラピー

私たちの心や脳、神経系統は、フォーカスしたものに対して向かってゆき、それを現実化しようとする性質があります。

この働きを利用して、視覚、聴覚、体感覚といった五感を駆使して、潜在意識に成功イメージを送り、望む結果を引き寄せるセラピーのことを、イメージ療法と呼びます。

このテクニックは、オリンピック選手のメンタル強化やコーチング、恐怖症の治療、スピリチュアルなヒーリング分野においては、故人を呼び出したり、ハイヤーセルフといった、高次元の知恵と対話をする際のテクニックとしてなど、さまざまなシーンで活用されています。

また、光のイメージを患部に当てるようなヒーリング手法など、医療の現場でも広く使用されています。

退行系のセラピー

これは、催眠化で潜在意識にプログラムされている時間軸を過去にさかのぼって、抑圧されている否定的な感情や、制限された決断(私には〜できない)のルートを探り、それらを解放するテクニックです。

年齢が幼い頃に戻れば年齢退行となり、幼い記憶の中の自分自身をイメージで癒すワークであれば、インナーチャイルド・ワークと呼ばれます。

また、さらに遡って胎児期退行や前世療法になります。そして逆に未来に行けば、未来世療法ということになります。

※ ちなみに、ここでは行いませんが、暗示を使ったセラピーとは、日常生活において私達はさまざまな暗示を無意識に受けています。

幼いころから親に言われてきたことや先生や尊敬する人から言われてきたこと、マスメディアなどを通して伝えられることなどから、知らず知らずの間に潜在意識にプログラムされて、私たちの考え方や行動に大きな影響を及ぼしています。

その暗示が繰り返されることで、わたしたちの心の中にプログラミングされてしまい、それを現実として捉えます。

暗示療法とは、このような心の性質を利用することで、催眠化において、クライアントの潜在意識に肯定的な暗示をインストールする療法のことをいいます。

アファメーションや自己催眠も暗示療法の部類に区別することができます。

はじめての方にはまずカウンセリングをお受けいただくことをおすすめいたします。
ヒプノセラピーをより良く体験していただくためにも、あらかじめ充分なカウンセリングを行うことが効果的です。


Top