Sei

Seiこと、
田中 清一郎
といいます。
訪れてくださったご縁に感謝します。 本業は、関わる人みんなが健康で美しく幸せになる仕事で、家族のため、社員のため、自分のため、世のため人のためになる仕事です。 具体的には、本物商品ショップ、色被(いろき)せアートガラス素材卸売ショップ経営、海底村(かいていむら)主宰、シンガーソングライター、ボクサー(←これは世のため人のためとは違うか、現役じゃないし(~_~;)をやってます。

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、GMOグローバルサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 セキュアシールより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

Ranking

理念

「自他同然」   「健康と美と幸せの店 」

お客様が、そして自分たちが健康で美しく幸せであること。 
そうあり続けることで社会に貢献する

世界共幸(きょうこう)の雛形(ひながた)になる

ごあいさつ

こんにちは。 フロンティアショップのSeiこと、田中 清一郎です。

小学生のとき、父親の作った海底ハウス(海の中で暮らせる家)に入ってから海が大好きになり、それ以来、海を起源とするものがテーマになって生きてきたようです。人に言われて最近気付きました。

海運システムや、海藻塩海の音無などの販売もそうですし、5,600万年前の海水と同じ構造の純金水というものともご縁を頂いています。

特に海藻塩などの小売を始めてから、『本物』ということを強く意識しだして、『商品も本物、販売する人間も本物』という『本物ショップ』をやっていくことに決めました。

本物の人間と言われるように、日々精進しています。

本物商品は、当然素晴らしい改善をもたらしてくれるものですが、それはあくまでも私たちが自分自身で改善しようとする姿勢、思いという自立の心があってのものです。
本物商品のサポートをもらって自立のコツを得られたら、その本物商品からも卒業する。
そういう姿勢が本物商品から最大限のサポートを得られるコツのようです。

私たちは様々なものに対して、すでに不要な依存をしています。
人として生まれた限りは依存から卒業して自立し、使命を知り果たすことが生まれてきた意味だそうで、その使命に沿った生き方を始めると、人脈、モノ、情報、お金など必要なものはちゃんとついてきて、幸せを強く実感しながら生きていけるようです。

私たち皆で自立して、使命に沿った生き方をすることが、何よりも私たち自身や周りの人、生きものたちだけでなく、自然、地球にも大きな貢献をすることになるのだそうです。

現在このショップを通じてご縁を頂いたお客様は、とても特別な位置付けになっています。というのも、単なる販売者と購入者という関係以上に仲良くなれるお客様がとても多いからです。
  似た波動はひき合うということなのかも知れません。

末永いお付き合いができる素晴らしいご縁が生じるこのフロンティアショップと、ここでお買い物くださるお客様に社員ともどもいつも感謝しています。

ありがとうございます
Sei

プロフィール

田中清一郎(たなか せいいちろう;フロンティア光栄株式会社代表取締役)

1965年愛媛県北宇和郡(現宇和島市)生まれ。

年少期に父の建造した海底ハウス(※1)と共に過ごし、究極の癒しを体験。

父の交通事故をきっかけに10代から家族を養い、物品販売の営業で幅広く商材を扱う中で、本物商品を見極める目を養う。

2003年自ら確信できる本物商品だけを扱うため、フロンティア光栄株式会社を設立。人の幸せをテーマに、主に海を起源とする本物商品の販売を開始。

1990年沖縄の海で世界初の海中結婚式(フジテレビ番組『スーパータイム』で放映)や、海底村(※2)関連の講演を行う。
また、作詞作曲や弾き語りもして、1997年日本レコーディングシンガーコンテスト入賞、2007年には我が子を唄った曲「Tiny hands〜小さな手」のCDを出す。

2009年人の幸せをテーマにしたブログ(フロンティアショップブログ)やメルマガを開始し、好評で着実に読者が増えている。

同年より、幸せ、海、愛、使命などをテーマとした歌と講演のトークライブも開始。

海底村主宰Sei

田中精一郎の海底村での結婚式風景

シンガーソングライターSei

北海道EMER140でのライブ映像

Sei(田中清一郎)の体験を唄った曲「海が見た月」

ボクサーSei



Top