健康と美と豊かさの生活安心グッズならフロンティアショップ〜健康と美と幸せの本物商品ショップ




Sei

Seiこと、
田中 清一郎
といいます。
訪れてくださったご縁に感謝します。 本業は、関わる人みんなが健康で美しく幸せになる仕事で、家族のため、社員のため、自分のため、世のため人のためになる仕事です。 具体的には、本物商品ショップ、色被(いろき)せアートガラス素材卸売、小売ショップ経営、本物を伝える講師の講演・イベント開催、海底村(かいていむら)主宰、シンガーソングライター、ボクサー(←これは世のため人のためとは違うか、現役じゃないし(~_~;)をやってます。

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、GMOグローバルサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 セキュアシールより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

Ranking

若葉2号(カーボン資材液)18L

型番 GOP-15003
販売価格 10,000円(税抜)

一般/登録ユーザゴールド会員
購入数


若葉2号は、光合成微生物とトウモロコシの澱粉を発酵菌に植え付けて発酵させた濃縮液です。
 この濃縮液が土壌菌の栄養となり、土壌菌が爆発的に増殖します。
 また、土壌菌の増加は有機物の分解を早めるため、堆肥化のスピードが加速度的に速まります。

特徴

  • 土壌のペーハーを調整する
  • 地温(低温、高温)にかかわらず、リン酸、カルシウム、マグネシウム、珪酸の吸収を高める。
  • 土壌中の悪玉菌が減少する

使用方法

土壌灌水は100〜200倍希釈。(収穫後キラグリーンSをすきこんで噴霧し、たっぷり灌水する)葉面散布は700〜1,000倍希釈。

注)必ずよく振ってからご使用下さい。

若葉2号分析(温度条件:室温23〜23℃)
窒素全量 1.12%、りん酸全量 0.02%、加里全量0.25%、炭素窒素比 16.9

肥料取締法に基づく表示

肥料の名称若葉2号
肥料の種類特殊肥料
届出をした都道府県愛知県617号
表示者の名称及び住所株式会社吉良商店 愛知県西尾市吉良町駮馬 内ノ山23番地
製造元株式会社吉良商店
販売元株式会社忍建材 愛知県岡崎市坂左右町葦ノ部27
販売店フロンティア光栄株式会社

施法法

200倍に希釈してめて土に散布してください。葉面散布、種の浸水の場合は、1000倍に希釈して使用してください。

送料について

◆送料無料の対象外です(5,000円以上でも送料がかかります) ◆製造元より直送となります。
原則1個につき@1,430円
◆北海道、沖縄・離島については別途お見積致します。
※20個以上ご注文の場合は別途お見積りいたします。
◇こちらの商品の決済方法は 振込み のみとなります。

送料は別途、メールでお知らせいたします。

体験談とQ&A

ご質問と回答もお客さまの声とそれに対するご返事としてこのコラムに掲載いたします。下記体験談は効能や効果を謳うものではありません。 お客様から送られてきた体験談を掲載しており、人の感想はそれぞれですので、その点を充分にご理解の上お読みください。

サツマイモやオクラなど夏野菜の茎や葉が大量に出ますが、これらの有効処分法があったら教えていただけましたら有難いです。
まず、夏野菜の残渣について、サツマイモの茎や葉は、特に目に良いので毎日少しずつでも食べるのがお奨めですが、食べきれない作物の残渣は堆肥化利用がお奨めです。

菜園の片隅にベニヤ板などで(残渣量に合わせたサイズの)箱を作って、茎類は短く切断し、葉や残り屑、食べ屑などを乾かさずにいれ、時折上から薄くGOPバーク(または絶好調)をかぶせた上にキラグリーンSをふりかけ、100倍〜200倍希釈の若葉液(またはZEROのちから農業用)を全体が湿る程度に散布してサンドイッチ状にして発酵させます。
 箱は、腐食防止に天然の柿渋を塗布することがお奨めです。
 いろいろな虫が湧くこともよくあるようですが、時折GOPバーク(または絶好調)をかぶせます。
雨ざらしでも構いません。
 草が生えてきた場合には、キラグリーンSと若葉液(またはZEROのちから農業用)を多く入れて堆肥の酸度を4以下にして黒マルチを被せてその草も発酵させます。

畑に溝を掘って入れる場合、茎類は短く切断し、葉や残り屑、食べ屑などを乾かさずに入れて鍬で切り、キラグリーンSをふりかけ、100倍〜200倍希釈の若葉液(またはZEROのちから農業用、もしくはEM活性液の原液)をかけて黒マルチをして寝かせます。
 夏場で2〜3週間、冬場で2〜3ヶ月寝かせて種を植えたり苗を植えたりできます。
若葉2号の希釈液について、若葉2号の入っている容器のキャップ1杯の容量は分かりますか?
 希釈液はその都度使い切るのでしょうか?
 それとも、ある程度の期間は、保存が可能でしょうか?その場合、保存方法は?
若葉2号容器のキャップ1杯の容量は約5mlです。
 希釈液は、保存環境にもよりますが、冷暗所であれば1週間〜10日間程度は問題ないようです。
100坪の畑でスーパー微生物農法をやりたいと思います。
カーボン資材の使い方は次の要領でいいでしょうか。教えてください。

1.キラグリーンS(10坪につき1袋)と絶好調(1坪につき1袋)を均等にばら撒く。

2.耕運機にて良く耕す。
 ※ このあと大雨後、もしくは水を充分にまいてから次の作業に移る?

3.若葉2号を100倍に薄めたもの、600リットルを100坪に散布する。
 若葉2号6リットル+水600リットル

4.この後は耕運機にて耕した方が良いのですか。

フロンティアさんのネット資料に「若葉液での土壌灌水は、充分に水を含ませたうえ(水分量100%)でそこから灌水してください」とあります。
よくわかりません。教えてください。
 種を浸す 若葉2号 500倍
 葉に散布 若葉2号 700倍
ご質問いただいた100坪でのカーボン資材の使い方については次の通りです。

1.キラグリーンS(10坪につき1袋)と絶好調(1坪につき1袋)を均等にばら撒く。

2.耕運機にて良く耕す。
 ※ このあと大雨後、もしくは水を充分にまいてから次の作業に移る(←これが水分量100%の意味です)

3.若葉2号を100倍〜200倍に薄めたもの、600リットル〜1,200リットルを100坪に灌水する  ※ この後、pH4.5以下になっているなら土づくりは完成です。種蒔きを開始します。

◆ 若葉2号の使い方
 ・土壌灌水…1反に対し1缶(100坪なら6リットル、100〜300倍、原液量重視)
 ・葉面散布…実や根物は500倍、葉物は700倍〜1,000倍(希釈倍率重視)  ・種を浸す…300倍(希釈倍率重視)

以上がご質問の回答で、以下は補足です。

◆ キラグリーンS(10坪につき1袋)と絶好調(1坪につき1袋)は参考資材量です。
フロンティアショップHPの「農資材Q&A よくある質問」ページ<「フロンティアショップ 農資材Q&A」で検索>の
A) ペットボトルに畑の土を入れ、水を入れてよく振り、翌日から翌々日後に土の状態を調べます。(土が下に沈んで透明な場合は死んでいる土、黒又は乳白色は微生物が活発な土です。これを何ヶ所かで行います)
B) 細い棒を刺してみて、耕盤層の有無を確認します。(20〜30僂らいのところにあります。これを微生物にほぐしてもらいます。)

※ 土の状態によって、参考資材量よりも多くを要する場合もあります。

◆ 若葉2号を土壌灌水した後、pH4.5以下になっていなければ、土が乾いた頃に表面をかき混ぜる程度に耕し、追加で若葉2号希釈液を土壌灌水します。これを何度か行って2週間くらいでpH4.5を目指します。
 5.5以下ならば良しとしてもいいようですが、4.5に近づけたいならばキラグリーンSも追加で漉き込んだ後に若葉2号希釈液を土壌灌水します。

◆ 理想の土づくりは8ポケットプランターで行っている方法で、キラグリーンSで元土(絶好調又はGOPバーク1号)をサンドイッチするというものです。
 これを路地で行う場合には、キラグリーンSを根よりも下の深さに入れ、その上から元土を(弱っている土の場合は絶好調又はGOPバーク1号を元土に混ぜて)入れ、最後に表面にキラグリーンSを撒いて漉き込みます。

◆ 土壌灌水は原液量重視です。キラグリーンSと若葉液を多く投入するほどpHが4.5に近づきます。

◆ 土壌ができたら苗を植えます。苗はそのまま植えて構いませんが、種の場合は種を巻く箇所にだけ種まき用の土(栄養も何もない安いもののほうが好ましいです)で種のベッドを作ってあげると理想的です。

◆ 葉面散布は希釈倍率重視です。
1週間に1度(種からの場合は本葉が出てから開始)します。
 若葉液の希釈倍率は、実や根物は500倍、葉物は700倍〜1000倍で葉面散布します。

◆ カーボン資材を投入してpH4.5以下になった後はスーパー微生物が耕してくれるので、もう耕す必要はありません。
 もし、暫くしても耕盤層が消えていない場合、カムナ酵素水農業用またはZEROのちから農業用を若葉と同量程度入れることで数日で劇的に土がふかふかになることが多いので、お知り置きください。

◆ 資材量は、
フロンティアショップ 参考資材量の通り、土壌100坪の場合の参考資材量は、キラグリーンSが10袋、絶好調又はGOPバーク1号は100袋、若葉2号一缶(1回の土壌灌水で3分の1缶、若葉2号6リットルを水600リットル〜1,200リットル(100倍〜200倍)で希釈ですね。

◆ Q&Aの中には下記のような記述もあります。
一反(300坪)にキラグリーンSを25〜30袋と若葉2号を1箱、プロの人は50〜60袋、多いほど良いがコスト面による。
絶好調15袋とキラグリーンS15袋でも菌が長持ちする感じがある。

以上ですが、初めは試験区から始めらるなど、スーパー微生物農法を楽しく実践下さいませ。
隣が茶畑で、きつい農薬を年に何度も使っています。農薬の飛散と流入が気になります。
ご自身で出来うる防護処置をとったらあとは心配せずにスーパー微生物に任せることのようです。

 防護措置(飛散防止、流入防止)は、近隣農家さんの理解と次の緩衝帯かと思われます。

・防風ネット、塀、生垣、植栽など(格子ネットREDも有効です)
・被覆植物で覆われた畦や土手
・溝
・草地のベルトを設ける
・植栽
・被覆作物を植える
・慣行栽培圃場が高い位置にある場合、水の迂回路か植栽、もしくは上段の畝を緩衝帯として扱う

このような措置をした上で近隣農家さんに有機農法に取り組んでいることを誠意をもって知ってもらい、理解してもらうようにしたあと、看板をたてて、誰でも有機農の場であることを知って理解してもらうことが、出来得る防護措置かと思われます。

スーパー微生物はその姿勢と努力も見ているそうですので、やれることをやったらスーパー微生物は協力してくれるかと思います。
北海道十勝です 現在冬季間 最低気温 マイナス20℃近いですが 「若葉1号(寒冷地向け)」70倍希釈で使用してみました ハウス内のハコベが 生きているので 効果はあると見ています ありがとうございました  有効活用ができるのではと思います。
「絶好調」ですが、臭いがきついですね。
若葉一号を薄めてかけたのですが、次の日、白くカビな様なものが発生し、上下に土を混ぜながら様子を見ています。
水分は余りいらないと書いてありましたが、この暑さで、苗木もしなしなしてくるので、水分はたっぷり与えています。

あまりよく分からないまま、初めているので とんでもない質問かも知れませんが、どうぞご回答よろしくお願い致します。
白いカビのようなものは放線菌といって、微生物が良い状態でうまくいっているあらわれです。
本来はそのまま触らずに放っておくと1週間ほどで色は消え、土の状態も最高のものになります。

混ぜてしまったのであれば、今後は混ぜずにキラグリーンSをかるく撒いたうえで若葉液(150〜300倍希釈)を土壌冠水し、本葉が出た後1週間に一度葉面散布(500倍〜1000倍希釈)というパターンにしてください。

あとはホームページ体験談とQ&Aを参照してください。
今年は神谷農法、大下伸悦氏の著書をきっかけにハウスを作り良い野菜が収穫でき家族もビックリです。
野菜をあげていますが美味しいそうです。
 フロンティアさん有り難うございました。
 ”冬の農地が凍らない”を読んでいますが、具体的に勉強して、今年の冬にハウスか農地で挑戦します。
参考著書か、ブログか、ホームページか紹介して下さい。
資材の量、散布の時期等も教えてください。 
特に知りたい参考書と先生ですが関東には出張できませんのでご了解ください。

 尚、トマト、キュウリなどの追肥はマルチの穴にキラグリーンsを施せばよいですか、少し土を動かすとか、水で溶かして施肥も有効ですか、吉良有機の使用上の注意ですが、特に施肥で注意するところを教えてください。

 注文:キラグリーンs=10袋、カーボンバーク10袋の総代金メール下さい。以上、宜しくお願い致します。
スーパー微生物農法で良い野菜が収穫できたとのこと、何よりです。  さて、冬にハウスか農地で挑戦されるにあたって、参考となるものをお知りになりたいとのことですが、「冬の農地が凍らない」以外にどのような情報を得ておられているかがわからないことと、とにかく全国から同様多様のご質問があり対応しきれていない状況で、下記程度の回答になりますことをご了承ください。

◆参考書:スーパー微生物農法≪まるわかりガイダンス≫・大下伸悦著
ホームページ
Q&A、よくある質問、散布の時期
参考資材量
◆その他
 トマト、キュウリなどの追肥ですが、キラグリーンSをマルチ穴に施す場合は、できるだけ茎につかない様にします。  200〜300倍希釈の若葉液のみという農家さんもおられます。  キラグリーンSを使用していれば、吉良有機の施肥は不要です。畝の外に撒いている方も多いようです。
「若葉2号」の葉面散布使用量について

  リーフによりますと週に1回、1屬烹亜ィ娃娃院“◆■毅娃亜腺院ぃ娃娃闇楷釈で使用とありますが、例えば 50屬糧に使用する場合に、原液量は 0・9Lになり、水の量は450L〜 900Lと大量になります。

 水の量を減らすと、原液量を減らすか希釈倍率を下げるかになります。
 そこで、「若葉2号」は「原液量」を重視するか「希釈倍率」を重視するかお尋ねします。
土壌漢水の場合は原液量重視でたっぷりと漢水し、葉面散布の場合は希釈倍率重視で必要適当量を散布するようになさってください。

Top