Sei

Seiこと、
田中 清一郎
といいます。
訪れてくださったご縁に感謝します。 本業は、関わる人みんなが健康で美しく幸せになる仕事で、家族のため、社員のため、自分のため、世のため人のためになる仕事です。 具体的には、本物商品ショップ、色被(いろき)せアートガラス素材卸売ショップ経営、海底村(かいていむら)主宰、シンガーソングライター、ボクサー(←これは世のため人のためとは違うか、現役じゃないし(~_~;)をやってます。

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、GMOグローバルサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 セキュアシールより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

Vida Soap (ビダ石鹸)250ml容器入り

型番 TNM-2114
販売価格 1,500円(税抜)

しっとりノーマルしっとりラベンダーしっとりローズマリーさっぱりノーマルさっぱりローズマリーさっぱりマリモ
購入数


“生きている石鹸”の主成分

しっとりタイプ: 植物性純石鹸、動物性油脂(牛脂)

さっぱりタイプ: 植物性純石鹸、植物性油脂(ヤシ油)

ローズマリー・ラベンダー:精油0.1%未満

まこも:まこも粉末0.1%未満

(標準重量 250ml)

使い方

  • ‐さじ1程度手にとります。
  • ⇔昭蠅任海垢蠅△錣擦泙后
  • かたまりがなくなったら水を少しづつ混ぜあわせ、細かい泡を作ります。
  • い顔や頭(髪)をマッサージするように洗ってください。泡立ちネット等使ってもよいです。

保管方法

冷暗所に保管して、お早目にご使用ください。

おすすめの使い方

  • 体や髪の毛も洗えます。髪にこしがでてきた。白髪が減ってきたという方も。
  • コップについた茶渋等の汚れに生きている石鹸をつけて洗うとよくおちます。
  • 襟元の汚れ等、洗濯物の汚れた部分だけ先に生きている石鹸で手洗いしてから洗濯機で洗うと、洗剤の量が少なくてすみます。
<br> <br>

開発者 飯島秀行氏の寄稿

※「ザ・フナイ」2011年6月号からの抜粋
生きている石鹸・クリーム

石鹸とは何でしょう。普通石鹸というと、物の汚れをおとすと誰もが思います。汚れとは何でしょう。汚れとは酸素欠乏です。酸素が減少すると悪臭になり腐敗に繋がります。人間も酸素が減少してくるとシミやソバカスに変化してきます。一種の汚れです。

従ってシミやソバカスをおとすのは、酸素を補充する以外ないのです。酸素を衣服等に補充するには、一つの原理しか働きません。洗濯機を回すことで洗濯機に水圧がかかります。圧がかかった分だけ酸素を吸引します。洗剤を使用するのも、酸素を呼び込む条件にすぎません。洗剤が汚れを落としているのではないのです。

「生きている石鹸・クリーム」は、酸素を呼び込む吸引力の力で構成されています。石鹸は油脂と純石鹸、クリームは油脂で作っているので、口に入っても問題ありませんし、排水も害はなく、むしろ微生物の餌になります。

使用することで、吸引のサイクルに変化していきます。そして本来自分が持っている自然治癒力により、良い状態となっていきます。

このような話を聞きました。ペットの猫が交通事故に遭い、足に大怪我をしたそうです。急いで動物病院に連れていき、処置をしてもらいましたが、日に日に腐ってきたとのこと。そこで、包帯をとって、薬をふき取り、生きているクリームをとかしたものをかけてあげたそうです。そうすると、翌日には歩き回っていたそうです。

また、数年前、テネモスのメンバーが、作業中に右手親指を機械にはさまれ、先のほうが、粉々に砕けてしまいました。病院では「骨折だと元に戻るが、こうなってしまうと無理だ」と言われました。しかし、家に帰って同じような処置をしたところ、痛みもとれ、どんどん良くなり、3日後に病院に行った際も、大変驚かれたそうです。現在、彼の指を見ても、以前そのようなことがあったとは全くわかりません。

同様にシミやソバカスが薄くなってきた、肌の状態が良くなった、花粉症のかゆみが軽減された等の声をいただいておりますが、この商品は異常なサイクルを正常なサイクルに戻すきっかけにすぎません。

例えば、生きているクリームはもともと牛の乳房炎の治療のために開発されたものです。しかし抗生物質をたくさん処理されている牛には効果が見られませんでした。抗生物質は放出サイクルなので、その力の方が強かったのです。

人間も同様です。せっかく吸引のサイクルに戻す力が働こうとしても、放出力の強いものを使用したり、考え方自体が異常なサイクル(=怒りっぽい、くよくよ悩む)であると、正常なサイクルには変化しません。 <p>この商品を使うと安全だし効果があると考えるよりも、考え方を正常サイクルに安定させることが最も重要です。(転載終了)




Top