Sei

Seiこと、
田中 清一郎
といいます。
訪れてくださったご縁に感謝します。 本業は、関わる人みんなが健康で美しく幸せになる仕事で、家族のため、社員のため、自分のため、世のため人のためになる仕事です。 具体的には、本物商品ショップ、色被(いろき)せアートガラス素材卸売、小売ショップ経営、本物を伝える講師の講演・イベント開催、海底村(かいていむら)主宰、シンガーソングライター、ボクサー(←これは世のため人のためとは違うか、現役じゃないし(~_~;)をやってます。

当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、GMOグローバルサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。 セキュアシールより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

Ranking

アルボヌール3番 シルキーローション(化粧水 120ml)

型番 BGK-06062
販売価格 10,000円(税抜)
購入数



アンチエイジングの第2歩目

 20才をピークに女性の肌は、次第に乾燥がちになってきます。
 これは、角質の潤いを保つ肌自身の保湿成分(N.M.F.)とそれを守る角質細胞間脂質と肌表面に分泌する皮脂の3つが加齢と共に少しづつ減少していくことにあります。

  アンチエイジングの第2歩目は、肌に潤い成分を与え乾燥させないことにあります。
★ アルボヌールスキンローションは、肌の天然保湿因子の主成分であるアミノ酸の構造とシルクの主成分であるアミノ酸の構造が似ていることからクローズアップされているシルクプロティンを配合し、角質層のモイスチャー成分を補い、さらに赤ちゃんの肌に多く含まれるヒアルロン酸を高配合した保湿豊かなモイスチャーローションです。

★ また、肌の酸化によるエイジングケアをサポートするハーブ類が多種配合され、潤いの持続が一層期待出来ます。

優れた化粧水とは・・・?

化粧水の命は水分だけではなく、肌自身の保湿因子にどこまで近付けるかにあります。
 そして最も重視されるべき点は、その保湿性の持続にあります。

水分保持成分ヒアルロン酸を高配合

 美肌のための化粧水は、うるおいをしっかり入れて、肌の奥までちゃんと保湿されて持続するもの。
 そして、角質層に働きかけるものでなければなりません。
 アルボヌールシルキーローションは、お肌の天然保湿因子の主成分と同じ働きをするシルクプロテインが入っていて、角質層へモイスチャー成分を補給します
 優れた水分保湿力を持つヒアルロン酸も高配合されていて、潤いが一日中持続するモイスチャーローションです。

最も効果の高い成分は…

 薬用植物として知られるユキノシタエキス(保湿)、マグワ根皮エキス(保湿)、ベルゲニアリグラタ根エキス(保湿)の配合で、紫外線や肌ストレスによる酸化を防ぎ、キメを整えてみずみずしい素肌をつくります
 これだけの成分高配合で、このお値段はどの化粧品にもありません。とてもお得ですね。
 アルボヌール化粧品でお肌をマッサージする際には、ご自身の顔に対して『今日もありがとう』という気持ちを込めてください。アルボヌール化粧品には、肌をいたわる感謝の気持ちが入っています。これがアルボヌール化粧品で最も効果の高い成分です。

シルキーローションの有効成分

 アルボヌールはすべての製品に長期安定型六角水を使用しています
 私たちの細胞膜には無数の穴があり、すべての栄養素は水に包まれた状態で、その穴を通して吸収されています。その穴のことをイオンチャンネルと呼んでいますが、その直径はわずか0.7ナノ(10億分の1メートル)のため、今流行のナノ化粧品でもイオンチャンネルを通り抜けることはできません
 しかし水には物を包み込むと縮む性質があります。特に長期安定型六角水と呼ばれる水は、物を包み込むとその直径は最大でも3.6オングストローム(100億分の1メートル;0.36ナノ)まで小さくなる性質があることが解明されています。  アルボヌール製品のすべてはこの長期安定型六角水をベースに水にこだわってつくりあげています。

長期安定型六角水とは

 長期安定型六角水とは、非常に安定した分子構造の水であり、水の粒子(クラスター)が非常に小さいため、素早くお肌の中へ浸透させることができるのです。
 肌は排泄器官でもありますから、アルボヌール化粧品に含まれている長期安定型六角水が老廃物などお肌に不要なものを出すスピードを速め、いいものを肌の中に取り入れるというサイクルをさらにスムーズにさせます。
 この長期安定型六角水を使って作られている化粧品はアルボヌールだけです。
弱酸性・無香料・無着色・鉱物油無添加・ノンパラベン

使い方

 洗顔後のお肌に適量(10円玉大位)をコットンまたは手に取り、乾燥しやすい部分から先に浸透させ、その後全体に塗布して両手でお顔を包み込むように押さえ、よく浸透させるようにご使用ください。
 お肌の乾燥が激しい時は、重ねてご使用ください。
 ローション前に顔皮下の体液がリンパに流れるように泡で洗顔マッサージをしておくと、さーっと浸透していきます(※)
※ 最も効果的なマッサージ要領は、ボンシックセミナーで使用する図があり、商品に同梱してお送りしています。



Top